資格取得はキャリアアップにつながる?

キャリアアップに必要な資格とは?

おすすめリンク

おすすめの英文添削体験

自分だけではなかなか上達しにくい英文。効果的な英文添削を体験してみてはいかがでしょうか。

今と将来を比較する

今の仕事に悩む人がキャリアアップという言葉を使うことがあります。

キャリアアップはそもそも「仕事能力の向上」「仕事経歴の向上」「より高い役職や地位に就くこと」「高給の仕事、職に転職すること」を意味します。
「仕事の能力の向上」というのは、いわばレベルアップをすることで、例えば同じ営業職でもより営業ができるようになることです。

「仕事経歴の向上」とは、履歴書に書ける資格が増えたり、職務経歴書にもより自身をアピールすることに役立ちます。

「より高い役職や地位に就くこと」や「高給の仕事、職に転職すること」は、スキルを上げてまたは転職によって給料があがることです。

これらをみると、キャリアアップにも色々と方法があることがわかりますね。
日本では大分と考え方が柔軟にはなってきましたが、1つの会社に長く勤める人が多く、また転職が多いとマイナスに見られることもあります。
なので、キャリアアップというと、「今よりも高い地位についたり、より重要な仕事を任せられるようになり、給料が増えること」と捉えることが多いです。

では、キャリアアップには何が必要でしょうか。
昇進するにも、より重要な仕事を任せられるようになるにも、やはり、何かしら実績を作ることや、能力向上に努力をしたり、それを結果に残したりすることが重要です。

なので、資格をとり、スキルアップすることは、このキャリアアップには大変有利になります。
勉強することで知識や考え方が身に付き、自身の能力アップにもなりますし、その資格をとった努力を会社にアピールすることもできます。

資格収得とキャリアアップについて、参考に読んでみてください。