キャリアアップに必要な資格とは?

>

資格といっても実は様々

この記事をシェアする

大まかな種類

資格は分けると3つに分類されます。
国家資格、公的資格、民間資格です。
国家資格には、弁護士、税理士、行政書士、看護師などがあり、どれもすぐには取れないものばかりです。
専門学校や大学で勉強し、受験する人が多い資格で、何回も受験しても合格しない人がいるぐらい難易度が高いです。
しかし、合格すると就職やキャリアアップにも有利になるでしょう。

公的資格には、簿記、ファイナンシャルプランナー、消費生活アドバイザーなどがあります。
これらは財団法人や商工会議所などが試験を行っています。
また、これらは「名前は知っている!」と言う人が多いぐらい、認知度が高い試験です。

最後に民間試験ですが、試験名に「アドバイザー」がつくもの、ソムリエなどがあります。
民間企業や各種団体が試験をしています。

資格試験の注意

資格試験で注意したいのが、先ほどご紹介した種類の中の民間試験で特にあります。
というのも、せっかく資格をとって、知識を身に着けても、認知度が低いと会社からの評価がされにくいことがあります。
そうなると宝の持ち腐れ状態で、持っているのに使えないということになります。

勉強時間や受験費用を無駄にしないためにも、試験についていくつか確認しておきましょう。
中には、受験費用目的の悪質な団体が運営しているようなことがあるので注意してください!
資格認定する団体について、そこが社会的に信頼があるのかどうか、費用が妥当な範囲か、国家資格または公的資格の資格名似たような名前ではないか、そして、試験の状況についてホームページ等で公開しているかどうか。
少なくても、これらについては調べてみましょう。