キャリアアップに必要な資格とは?

>

具体的にはどんな資格がお勧め?

この記事をシェアする

不動産や法律に関する仕事の方へ

不動産や法律関係の仕事では、会社で資格の習得が推奨されているかもしれませんが、持っておいて損はない資格があります。

不動産関係では宅建資格が業界外の人でも聞いたことがあると思われます。
これは営業力をあげるためには欠かせません。
また新築やリフォームを考えるお客さんを相手にする時に役立つのが、シックハウス診断士、リフォーム提案士、住宅ローン診断士、環境アレルギーアドバイザーなどがあります。
これらがあると、お客さんの質問や要望に対してすぐに応えることができます。

法律関係では会社の法務部や知財部で役立つ資格です。
ビジネス実務法務検定試験と知的財産管理技能検定です。
また、管理職としても、法律に詳しい方が人材としての価値はかなりあがることでしょう。

管理職になりたい、金融関係の仕事の方へ

業種に関わらず、管理職がもつべきスキルがあります。
資格を持ち、スキルアップができれば、重要な業務や責任の重い業務を任せられるようになるチャンスにもなります。
ビジネスマネージャー検定試験や中小企業診断士がお勧めです。
注意したいのが、これらを習得したからといって管理職になれるということではありません。
会社によっては資格の習得を必要条件にしていることもあります。
しかし、大事なのは、試験に合格するのを目標にする以外にも、試験の勉強を通して、考え方や技術を学び生かすことです。

金融関係では会社で資格の習得が推奨されることも多いです。
生命保険ではファイナンシャルプランナーの受験を勧めている所も多いです。
銀行でも資産相談の窓口があることから同じくファイナンシャルプランナーの資格を取ると有利です。